タイ人がたくさんいるミャンマーのパゴタ(仏塔)へ

a0277132_23352374.jpg

バンコクからヤンゴンへ到着した日
夕方からシュエダゴン・パゴダへ行ってきました

パゴタとは仏塔の事で
ここは特に古く2500年前前に建てられたそうで
2500年という長い月日を考えると私の一生はなんてちっぽけなんだろうと気が遠くなり
またこのパゴタの壮大さに飲みこまれ気がつけば3時間も居座ってしまいました

夕方の景色
a0277132_23365178.jpg

夜のパゴタ
a0277132_23373185.jpg

金箔+ゴージャスな宝石で装飾されているこのパゴタ
76カラットのダイヤモンドの部分が夜光で輝くそうなのですが
残念ながらこれは見れず
後から教えてもらったのですが
輝きが見えるスポットがいくつかあるようです◎

パゴタには裸足で入るので
入口で靴を脱ぎ入場したのですが
この入口がタイ人の旅行団体でカオスになっており
今回の旅はどこへ行ってもタイ人がいました

タイ語を聞くと安心する不思議 笑

タイと似ていて
曜日ごとの神様になっているので
自分の生まれた曜日を調べてから行くと楽しいかもしれないです!
a0277132_23383395.jpg

ところどころにみんな座っており
そこでゆっくり過ごすことができるのですが
この時期のミャンマーもタイのソンクラーンと同じくお正月でものすごく暑い時期らしく
(タイより暑い気がしました)
熱中症のようになり
くらくらし頭痛がひどくて薬も効かずぐったり
座って休んだのですが
鈴の音が心地よくそこで寝落ちしてしまいました
なんだかバチあたりな・・・・。とも思いましたが
あのまま具合が悪くなって倒れるとかでなかったのでよかったですが
この時期のミャンマーは要注意の暑さでした
ベストシーズンは11月から2月頃までの様です!

バンコクへ戻る日にスレー・パゴダへ
a0277132_2339325.jpg

こちらはシュエダゴン・パゴダよりさらに古い建物らしく
こちらは観光客より一般市民の方が圧倒的に多いパゴタでした
a0277132_014571.jpg


今回のパゴタ観光で1番衝撃的だったのは
どの仏像の後ろにもネオンタイプの後光が!
a0277132_23392835.jpg

斬新すぎてびっくりでした

ゆっくりとした時の流れるパゴタ
特にシュエダゴン・パゴダの雰囲気がすごく素敵だったので
次回は涼しい季節にまた夕方頃からこれたらいいな
と思いました

長いので続く


いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2014-04-24 00:00 | ・ミャンマー | Comments(0)
<< ミャンマーで衝撃的な動物園へ ミャンマーのマーケットで見つけ... >>