ミャンマー滞在最後の夜に考えるこれからのミャンマー

a0277132_21431136.jpg

ミャンマー最後の夜は
ミャンマー人の友達の家族と生演奏のあるレストランでお食事でした
総勢8人で色々話時間はあっという間に過ぎてしまい
ミャンマー旅行も最後かぁ・・・・。
とちょっとしんみりなりました

生演奏に酔いしれつつ
ミャンマービールに酔う夜はとっても楽しかったです!

「アジア最後のフロンティア」と呼ばれているミャンマー
私がバンコクへ来てからの2年も
日本企業の次のマーケットはミャンマー!ミャンマーが熱い!
の特集はよく目にしていて
旦那さんの仕事上もよく話しに上がる場所だったので
友達の従兄弟が日本に長年居て日本語ぺらぺらなんだよ~と友達から聞いた時
これはお互いの仕事にとって今は点でもいつかは線になる日がくるのかも!と考え
タイに彼がタイに来た時に旦那さんに会ってもらったのですが
その時私と友達は行かなかったので 笑
今回初めてお会いしたところ
びっくりするほど日本語がうまい一見日本人のおじさんが登場
(多分今まで出会った外国人の中の誰よりも日本語が上手!)
ちなみに日本の好きな番組は
さんまさんの出ている番組全般でした 笑

友達も姉妹たちも英語とタイ語を話すので
ずっと英語とタイ語を話していたところに
救世主登場でとても助かりました

ミャンマーの話を
公共の場であんなにして大丈夫だったのだろうか・・・・。とちょっと心配になりましたが
色々話してくれました

やはり大きいのは軍事政権の影響
タイも色々なパワーバランスがありますが
それをはるかに超える何かが・・・という事をひしひしと感じました
近い選挙が1つの分岐点になるようでした
また衣食住も日本人にとっては結構ハードルが高いのでは・・・
という印象でした
だからフロンティアなのだろうけど
なのでずっとフロンティアなのかもしれないです

車も中古車が500万位だったのが
今は100万位で
携帯も月5万位だったのが
今は1万位という話も
帰りの車で話してくれましたが
自前の新車と携帯を持っているってことは
それだけで大金持ちなのかぁ・・・。と思い
この価値の大変動も
暮らしたり仕事をするのには大変そうだなと思いつつ
そこがおもしろいのかも
と何か可能性を感じるミャンマーでした 笑

ちなみに公共の場の公衆電話は
家電で係の人にお金を払う方式でした

いろんな事の差が激しくて
でもどこか潔さと言うか清さというかの感じるので
私に思われたところで何かが変わるわけではないですが 笑
「アジア最後のフロンティア」のままで居て欲しいなぁと思ってしまいました

よく分からない日記なってしまいましたが
ミャンマーはとっても魅力的な国でした
つづく


いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2014-04-30 00:00 | ・ミャンマー | Comments(0)
<< ミャンマーでも女は家で韓流ドラ... ミャンマーで衝撃的な動物園へ >>