週末バンコクから香港へ SEVVAで夜景をたのしむはずが・・・

a0277132_017479.jpg

北京ダックの後
お腹が苦しすぎてお酒も入る隙間がなかったので
友達の提案で
ワンチャイからセントラルまで歩くことに

途中友達と旦那さんが働いていた監査法人の香港事務所の看板の前まで行き
記念撮影 笑

海の風にあたりながら歩き
まずは1軒目!
1軒目って書いてしまうとなぜか居酒屋感漂いますが 笑
SEVVAという名のオシャレな場所へ
a0277132_0183923.jpg

エレベーターも直!

香港のすごいな~と思ったところは
古いつくりのままのトラムも電車も空港の事前チェックインもこのエレベーターも
ITが発展してること発展してること
停電になったら・・・・と考えると怖いですが
何かと便利でした

香港が1望できる見晴らしのいいところでしたが
旦那さん高いところが苦手なので
そそくさ中へ移動

3人でスタートでしたが
この日はかつて日本の大手商社で働いていて
現在は超大手の日本の企業で働く香港事務所で同じくカナダ人の友達と
彼の友達の政界に強い!と紹介された弁護士さんの子が登場
久しぶりにこの友達に会いましたが
彼の日本語なぜかチャラくて
相変わらずぶっ飛んでいておもしろかったです
a0277132_0191953.jpg

こうつわものネイティブでやや専門職同士が集まると
英語で難しい話をしてるのは分かるのですが
えっと今の会話で拾えたの
コンプライアンスってとこだけ。とかな具合に
私だけ取り残され???が続くわけです 笑
かといって日本語で話してもらっても分かる自信がそんなにないので
これはこれでいいのかな

旦那さんは東京に居る時みたいに
いろいろ話せる相手がいて面白かった~といっておりましたが
こういうときは男同士でとことん話してきてもらうのがよかったのかな?
と私が同行してしまい少し申し訳なかったです


さてさて
この日は日本の企業は終わってるという
イタタな話を
かつて日本で働いてた彼らからされたのですが
以前の商社も今の彼の働く金融系の会社も
日本人だったら定年まで働きたい!というような会社なのに
未来はないと思うので転職予定とのことで
周りの価値観より自分の価値観で行動するそこが
さすが外国で働いてきた外国人!とかっこよかったです

彼の言い分としては
昔は日本の技術は本当にすごくて色々な国から尊敬されていたのに
今はいろんな国に越されて技術を延ばすより
コスト削減と言って部品を海外でつくって日本で組み立てて
made in japanにしてしまい
そこにプライドはないのか?

技術も語学力もなければ
そんな事では会社は回らなくなり
結局香港から撤退する企業も増えているという事
また
彼の働く超大手で会社で駐在でくるくらいなら
英語がさぞかし堪能なのだろうと思っていたのですが
英語があまりできなくて
公共料金の請求書の支払いすら読めなかったり
誰かに送るメールの添削などなどなんでも聞いてくるなんて
仕事以前の問題で
かといってそれを補う技術や特化した何かができるわけでもなく
同じフィールドにすら立てていないのに
努力する様子もなく給料が高いなんてありえない!

彼の会社の上司の悪口
と、こんな状況を生み出す日本特有の駐在員システムのおかしさを永遠に語る彼
鬱憤が堆積している様子でしたが
それを日本人の私たちの前で言うところがまたすごいです 笑

でもそこにはちょっと愛もあって
彼実はすごく日本の文化やアニメが好きで
だから学生の頃から日本語も日本の事も一生懸命勉強し
結構長いこと日本で働いて居たので
私たちが知らないことまで
日本の事を本当に色々よく知っていて
きっと今の日本にがっかりしているのかな

なんだかせつない夜になってしまい
けれど私は聞くくらいしかできずすまん・・・・

シャンパンとワインを頷きながらひたすら飲むことに
ちゃんぽんしたのに全く酔わずの夜でした

結局オシャレなところでも話してることは新橋の居酒屋じゃんか!と思いましたが 笑
ここでは
英語のギャグを1つ教えてもらい
2軒目へ!

つづく

SEVVA
http://www.sevva.hk/


いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2014-06-04 02:00 | ・香港 | Comments(2)
Commented by 木更津キャッツアイ at 2014-06-07 22:24 x
亡くなった祖父がよく
「日本の経済力を支えてるのは町工場の技術だ!」
「みんな外注にしてたら大手メーカーは駄目になる」
と話してたっけ…
などと思い出しつつ、なんだか最後の英語のギャグが一番気になりますが(笑)
Commented by hirono-in-thai at 2014-06-08 00:25
☆木更津キャッツアイさま☆
やはりそうなのね・・・・。
おじいさま先見の明がおありだったのだね!
なんだかセンチメンタルジャーニーになってしまったよ 笑

英語のギャグはあの場でしか面白くなかったようなくだらなすぎる
ギャグで今するには勇気がいりそうです 笑
<< 東京の母のカフェのこと 週末バンコクから香港へ 北京ダック >>