魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展

a0277132_13392228.jpg

今回の1時帰国
前回の1時帰国でチェック済みで
それはそれは楽しみにしていた
魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展へ行ってきました。

場所は国立新美術館!
乃木坂の駅直結なので雨でも楽々行けました~。
a0277132_13393740.jpg


さてこのバレエ・リュス展
1900年頃
パリでデビューし人気を博ロシアのバレエ団のコスチュームの展示なのですが
マティスやピカソ、バクストにシャネルなどなど
前衛アーティストたちも衣装や舞台美術でコラボしており
衣装だけでなく舞台のデッサンやパンフレットだけでも見応えがありました。

侍女レベルの衣装も超豪華で
アジアな私からしたらお姫様レベルでしたが
衣装にお金をかけ過ぎて
大人気にも関わらず財政難だったこのバレエ団 笑
その甲斐あって?
サザビーズに出展されたものを
オーストラリア国立美術館が購入し修復した状態のものが
今回の展示でした。

こんなの見てしまうと
もっと見たいのでオーストラリアの国立博物館に行きたい・・・・。
とまたひとつ行きたい場所が増えました 笑

今回のこの展示パンフレットなど
細部まで素敵できゅんきゅんが止らなく
素敵過ぎて悶絶する展示でした。
a0277132_13402487.jpg


衣装が好きな人も
古いものが好きな人も
きっと楽しめるような内容の展示でした。

もう1度見に行きたいところでしたが
タイに戻る日が迫っていたので断念。
これはいい展示だったな~と心に深く残る今回でした。

展示は9月1日(月)まで!
会場は作品保護のため
ストールを貸し出すくらいの極寒です 笑

魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展
http://www.tbs.co.jp/balletsrusses2014/

国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2



さて
タイに来る前に使っていて便利だった
東京の美術館検索アプリ

これは会期をカウントダウン方式で載せてくれているので
とっても便利で
今も1時帰国前はこれでチェックしています。

TOKYO ART BEAT
http://www.tokyoartbeat.com/apps/
a0277132_13404084.png


私は美術館を1日に何個か回るタイプだったので
そうすると1日で入場料だけで5,6千円飛んでいくため 笑
いいアプリが出た!と思ったのですが
ダウンロード前にバンコクへ引っ越してきてしまい、残念。

大分昔の展示ですが
この坂口恭平さんのワタリウム美術館の展示も
面白くて好きでした!

ミューぽん は美術館の割引券アプリ
http://www.tokyoartbeat.com/apps/mupon
a0277132_13413913.png


両方東京都内・関東近郊のアプリですが
アート好きには嬉しいアプリです:)
[PR]
by hirono-in-thai | 2014-07-20 14:00 | ◆東京生活 | Comments(4)
Commented by しおとも at 2014-07-20 16:30 x
あぁ!これ私も見に行く予定なんです!!
そっかーやっぱりきゅんきゅんきちゃうんですね^_^
楽しみだなぁ。2回は見に行こうと思っているので、hironoさんの分も楽しんできちゃいますね^_^
私は衣装作りもバレエ自体も全然経験も知識も何にもないのですが、刺繍だけは好きなので楽しみです!!
Commented by 木更津キャッツアイ at 2014-07-20 20:56 x
バレエ好きにもたまらない展示ですな♪
バレエの歴史はHPを見ればわかるね☆
ちなみにこのバレエ・リュスのバレエ音楽は、
今でももちろん踊られているし、
フィギュアスケート音楽でも使われていて、
とっても興味深い!
8月に帰るので是非行きたいです!情報ありがとう!
Commented by hirono-in-thai at 2014-07-21 12:10
☆しおともさま☆
こんにちは。
そうなんですね!!!
私はきゅんきゅんが止らなかったです 笑
刺繍の作品もたくさんありましたよ~!圧巻な手仕事でした!
私の分まで2回楽しんできて下さい♡
Commented by hirono-in-thai at 2014-07-21 12:13
☆木更津キャッツアイさま☆
バレエ好きにもいい展示ですね~!
音楽の展示はないけれど 笑 
演目によっては映像もあるので帰国の際お時間あったらぜひ◎
作品保護のため寒いので防寒具を持っていくのがおススメです!
タイより寒かった 笑
<< 東京の母のカフェへ! ガッツでバンコクから日帰りチェンマイ >>