介護1時帰国

a0277132_1631415.jpg

先月祖母が危篤になり盛り返したので
今月に帰国を延ばしたのですが
日本に向かう直前また危篤になり
深夜便で日本に到着した朝
ヘルパーさんが来ておむつ交換して便が飛んでくるところからはじまり
仕事の母に代わり訪問看護の看護婦さんとお医者さんから今後どうなるかどうするかのお話を聞き
本人の意向どうり最後お家で看取ることに。
寝不足のままなんだか色々重めのスタートでした。

しかし
約10日ほど徐々にだいぶ回復し
今はお相撲を見たり
お粥は飽きたのでかたいものが食べたいと
私が食べているピザをみて食べたいと言ってみたり
寿司が食べたいと言ってみたり
クレームもちょいちょいはさむようになり
寝たきりながらだいぶ元気になってきました。

元気になると
ベット上で精一杯の展開が繰り広げられるため
便が出そうになった!といっておむつを全部はがしていて、ウギャー!ってことになっていたり 笑 
笑うしかない!って事も頻発中です。

今更ですが
看護学校の時にさんざんやった
清拭やおむつ交換などなど役に立っております 
まさかのこんな時に役にたつとは 笑

夜中も元気いっぱい容赦なく呼んでくるので
だいぶグロッキーになりましたが
すでに母が憔悴していたのでよいタイミングで
長めに帰らせてくれた夫にも感謝です。
また来てくれるヘルパーさんや訪問看護の方々も
祖母にすごく愛情をかけてくださっているので
ちょっと回復すると泣いて喜んでくれたりし
なんだか申し訳ないくらいよくしてくれて
介護制度の手当などが厳しくなってきているとはいえ
介護度にもよりますが
1日1、2回はヘルパーさんがこうして来てくれて
エアーベットで自動体位変換をしてくれ
酸素マスクも静かで
入浴介助もきてくれ
なにより日本語が通じる!
やはり色々な制度などを考えると老後は日本がいいな
と感じる今日この頃です。

バンコクの家で支度中に母から連絡がきて
だいぶ家を早く出たのに渋滞でまたぎりぎりになってしまったこの度の飛行機
空港に着くとまだサンタがおり
サワディークラップ!っと言っておりました。

今のところ日本でサンタもツリーもお見かけしていないです 笑

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2015-01-18 18:00 | ◆東京生活 | Comments(0)
<< 農家の台所 週末バンコクからシンガポールへ... >>