美術手帖とガンダムとバンコクのオタクな子と

a0277132_20132445.jpg

なんだかサブカル感強めの前回の美術手帖
ガンダムとは同級生だし
魔神英雄伝ワタルも大好きだったけど
高校生の頃のエヴァには乗っからずここまできてしいましたが
アニメ大好き!寄りなので
今回の美術手帖購入してバンコクへ戻りました。

結構集中して読み入ってしまいましたが
わータチコマってこの人のデザインなんだーと萌えポイント満点でしたが
レビューを読むとこんなんじゃ物足りない!
とかあったので
日本のアニメって本当にすごいのですね。

日本で仲良くなった外国人の友達の男子
ほとんどガンダムが好きで
中にはガンダムのために留学してきてゲームセンターに入り浸っていたので 笑
国はガンダムに感謝しないと・・・。と本気で思った時期がありました。

美術手帖
http://www.bijutsu.co.jp/bt/

ガンダムは後半戦から見れていないので
いつか時間ができたら1話から見てさらに今までの映画も全部見きりたいです!
その後にエヴァかな・・・。

さてさて
多分わ―この子バンコクで1番気が合うかもと思った人は
は結構なオタクの男の子
彼はゲーマーでもあるので多分どっぷりなのですが
私は身の回りに居るオタクに比べると
まだまだ足元にも及ばないのでただの人です。

さてその彼から彼のオススメアニメを借りているのですが
最初
こりゃーすごい量だ!さすが本物のオタク!仕事しながらこの量こなすなんて!
と思って
気合で1ヶ月で見きったのですが
(と言ってももうすでに見てしまっていたのもあったので、だいぶスキップ)
見終わった報告をすると
あれ、1年分だからね!

お言葉頂きぎゃふんとなりました。

バンコクでも
我が家の場合アニマックスasiaが見れるので
日本と同時刻の放送で見れるものや
英語やタイ語バージョンなどなど日本のTVが映らないけど
アニメチャンネルが充実していて幸せです。

そんなこんなで
年末に書いておきたかったのに
忘れてしまった昨年よかったアニメのはなし
放送時期は色々です。

・ヨルムンガンド
http://www.jormungand.tv/

・シュタインズゲート
http://steinsgate.tv/index.html

・キルラキル
http://www.kill-la-kill.jp/

ヨルムンガンドは武器商人のはなしという点でテンションが下がりましたが
ぶっちぎりの最初からおもしろかったです。
シュタインズゲートとキルラキルは
最初テンポについて行けなかったり置いて行かれそうになりましたが
後半ぐんとおもしろく◎
キルラキルに関しては繊維についてがアニメになるなんて!とちょっと違う点でも感心でした。

・鬼灯の冷徹
http://www.hozukino-reitetsu.com/


この手の絵が好きなのですが
エピソードがおもしろ可愛くて癒されました~。

あとは
ちはやふるや、銀の匙
などは普通に平和に面白かったですが
もう高校生でなく
どちらかというと親の年に近くなってくるので
感情移入しがたしかな。難しいお年頃です。

また、わーこれ原作の方が面白いのにっていうもの。
多分アニメから入っていたら違和感がないのかもしれないです。

人がガンガン亡くなったり殺されてしまい
なにか残らず、悲しい気持ちの方が大きいものは苦手なので
(昔でいうところのデスノートあたり)
多分心理戦などが醍醐味なのかもしれないですが
うーん。。。。
そんなのも最後に大逆転でよい終わりかも!と淡い期待を胸に
結構みてしまい、後味が悪目でした・・・。

そんな時は
自分の秘密兵器!
AKIRAとパプリカで浄化。
両方とも描きこみのすごい映像ですが
この監督にこの声優!
ってところにも見どころあるのも
日本のアニメの好きなところの1つです。

そんなこんなで
とても言いにくいのですが
ものをつくるときアニメを見がちです 笑

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2015-02-16 21:00 | ◆東京生活 | Comments(0)
<< 日帰りチェンマイ再び 帰国中はGYAOで妖怪ウォッチ >>