東京アート巡り 美術館にもタイ人!

a0277132_13585185.jpg

今年4月5月のタイの人の来日数
50万人約300億バーツの経済効果をもたらすという記事

現在中国人と同じくらいタイの人も日本にお金を落として行くという記事
の2つを
立て続けに読みましたが時代は変わるものですね・・・。

先日の東京
桜のシーズンだったこともあるかと思いますが
タイの人の他
相変わらずの中国人と
さらに欧米人と外国人だらけで
街を歩いていても
楽しそうにしているのは外国人
疲れきっているのは日本人(のサラリーマン)

関係性は別として
都内はなんだか植民地みたいでした。
(例えがものすごく悪くてすみません。)


今まで何回も帰国する度美術館へ行っていましたが
今回初美術館でタイの人に遭遇!
(正確には博物館)
上野という場所がらだとおもいますが・・・
なかなか驚きました。


さてさて
今回も美術館やギャラリーを結構回ってきました◎

まずは
アーティスト・イラストレーター・コレクターの子たちの
4人で美術館やギャラリーを回りまくる1日


六本木の国立新美術館からスタート!
黒川紀章氏の建物なので
これだけで見応えがあります。
(でもここへ来るたび思い出すのは都知事選出馬・・・。)
a0277132_1422456.jpg

13年ぶりとなる
マグリット展 René Magritte
2015年3月25日(水)~6月29日(月)
http://magritte2015.jp/

a0277132_1423487.jpg

まだ学生だった13年前のBunkamuraでの展示の時に行っていたので
気持ちとしては
おかえりマグリット!笑

途中商業アート系に行き自分の作品がつくれなくなったり
戦争で作風がぶっ壊れ
最後あのスタイルに確立されたところなど
とっても見応えがありました~。

物販には
ブリュッセルからやってきたポストカード!
発色が良かったです。
a0277132_14274228.jpg


美術館での展示のカタログは画集を買うより大分お得なのですが
発色が気になる事が多々。
色は大切ですね・・・。

同じく新美術館にて
ルーヴル美術館展も開催中でしたが
みんなルーヴル美術館行ったことがあるので見送り!

次は偵察に
21_21 DESIGN SIGHTへ
a0277132_1440447.jpg

こちらは 安藤忠雄氏
東京の美術館は建物をみるだけでも面白いですよね!

こちらは単位展開催中でしたが
混んでいたのでお店だけ見て見送り。

ここの美術館もよくきていたのですが
参加型のものや見て触って楽しめるものが多いので
親子で来ると楽しいかもしれないです。
この日も親子でいっぱいでした~!

企画展「単位展 — あれくらい それくらい どれくらい?」
2015年2月20日(金)~5月31日 (日)
http://www.2121designsight.jp/

ここから
さらに六本木駅の方へ歩き
AXISへ
http://www.axisinc.co.jp/

イマコンセプトストアで開催中の
スペインの現代写真
Photography Now! Vol.2 - Spanish New Horizonへ
2015年03月13日(金) ~ 04月26日(日)
http://imaconceptstore.jp/
a0277132_14474898.jpg

のはずが見れず本日貸し切りで展示会ですと見れず 涙

同じ建物にあった
タカ・イシイギャラリー
エド・ヴァン・デル・エルスケン 「セーヌ左岸の恋」 展へ
2015年03月19日(木) ~ 05月02日(土)
a0277132_14563736.jpg

写真はあまり良く分からないので・・・・。でしたが
置いてあった写真集の中にぐっとくるものが多数!

さてさて
ここのお次は
清澄白河へ移動して
東京都現代美術館へ
http://www.mot-art-museum.jp/
a0277132_15133463.jpg


ガブリエル・オロスコ展-内なる複数のサイクル
2015年1月24日(土)−5月10日(日)
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/gabrielorozco.html
a0277132_15135072.jpg
a0277132_1514396.jpg

作品数は気持ちボリュームが少ないかな・・・
(といっても持ってくるのは相当大変だと思うのですが)
という感じでしたが
この卓球台!プレーできるようになっていて
ちょうど4人な上 内2人は元卓球部 笑

やっぱり参加型の作品はぐっと心を持ってかれるし
その時間の事が心に残りますね。

1名帰る間際まで
作品が少なかったとぶーぶー言ってましたが 笑
撮影もOKなので結構楽しめました。

東京都現代美術館は
私の中の神様
大竹伸朗さんや横尾忠則さんの展示があったり
マシュー・バーニーの作品がきたり
スプニっ子さんや高木正勝さんや石川直樹さんの作品がみれたりと
いつもときめく展示が多いので
この美術館が好きなのですが
今回みんなで楽しめたことでまたいい思い出ができました~!

山口小夜子さんの展示も気になりましたが・・・。
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/sayokoyamaguchi.html
まだ会期中でなかったので見ることできず。残念。

長いので
まだまだ続く

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2015-04-18 00:00 | ◆東京×アート | Comments(1)
Commented by desire_san at 2015-05-21 07:41
こんにちは。私も国立新美術館によく行きますので、たので楽しく拝見しました。最近では『ルーヴル美術館展』を見てきました。17世紀のオランダの不道徳な恋愛への警鐘など道徳的暗示を日常の生活の風俗画に込めて描いているのにも深く興味を覚えました。

私もルーヴル美術館展で鑑賞した風俗画などの絵画の特徴や魅力を整理し、自分なりの見解をまとめてみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見やご感想など何でも結構ですのでコメントいただけると感謝致します。



<< 東京アート巡り Vinnie ... バンコクからミャンマーへの珍道... >>