外国人で溢れる新宿の夜

a0277132_12355686.jpg

先日の1時帰国の際に
友人の展示会へ行ったあと
彼の友人のデザイナーさん
名古屋から買いつけに来ていたセレクトショップのオーナーさんと
気になるお店へ寄ったあと
そのまま新宿へ飲みに行ってきました~!

1軒目の新宿3丁目の飲み屋さんは
1階のカウンターは外国人のお客さんだらけで
2階に案内され
これはフランスのカフェと同じシステムなのか?
とちょっと思い 笑
ラストオーダーでお店を移動。

2軒目の新宿西口思い出横丁
a0277132_12361741.jpg

哀愁漂うサラリーマンでなく
こちらも外国人だらけ 笑
私たちの行ったこのお店もカウンター全員外国人!
サラリーマンはいったいどこで哀愁漂わせたらいいのか・・・。

ちょっと思ってしまいました。

東京に居る時は
よくデザイナーやイラストレーターの友達と会っては
最近のおもしろかった仕事から変な仕事まで 笑
その他に後の展望や、ぐっときた映画や展示の事など
尽きることなく楽しく飲むことが多かったのですが
バンコクへ引っ越し
一気にそんな機会がなくなり
私自身もバンコクに居る限り
仕事も打ち合わせも直接会ってできないし迷惑をかけるからもう難しいな。と思い
お仕事のお話を頂いてもお断りしていたりしたのですが
今回帰国のタイミングでお仕事させていただく機会があり
とてもいいチームの方たちと本当に気持ちよくお仕事させて頂き
やっぱり仕事は楽しいなと心底感じ
こうして友人たちと飲みに行き色々話しているとさらに幸せを感じ
それは美味しいお酒(いつものビール)であっという間に時間が過ぎてしまった夜でした。

この日はたまたま男の子たちだったのもありますが
20代で迷いがあった作品が
30代でだんだんと迷いがなくなり
よくも悪くも作品の責任も自分でとれる年になってきた今はいい年齢だね。と。
やはり信念を持ってぶれずに続けるのは大切ですね。
どんどん活躍していく彼らを陰ながら応援しつつ
私もこれからはできる範囲の中でできることは続けようと決意。
今回はこの日の他
クリエーター系の友達に会う機会が多かったのでとても刺激になり
これであと半年は頑張れそうです!楽しかったなー。



今週も仕事で日本に帰国していた夫。
毎回仕事場の近くのビジネスホテルをとるのですが
今回は外国人率MAXになっていた様で
朝はタイ人同士がが朝食の順番待ちで
並ぶ並ばないで喧嘩をしていたので
夫が仲裁に入ったら勢いで殴られ
(タイ人もそんな事で異国の地で見知らぬ人をたたいたりするんですね 驚)

出勤途中
観光にきていて困り果てた
杖をついたオーストラリア人のおばぁさん2人組が中国人に助けられているところに遭遇し
銀座から歌舞伎座などを回りたいとの事で
職場近くだった為
銀座までお連れたところ
一緒に移動の間日本人は不親切だし英語もできないし
こんな国2度と来ないと電車内で永遠と日本をdisり続けられたようで 笑

一応帰りの電車についても
夫が説明した様なのですが
だいぶ前の事ですが東京の地下鉄がメトロに変わった時
サインも一新し
ロンドンの様に色で見分けやすく
また色盲の人にも分かるようにデザインされたのですが
(友人がかつてこのデザイン事務所で働いていたのでこの話に感心!)
おばあさんたちからすると
このオレンジも赤も老眼の私たちには一緒!と分からない!と一喝され終了。
彼女たちには通用せず。

夜はホテルで隣の部屋の中国人が大暴れしうるさかったので
フロントにクレームを言ったところ
お隣の中国人が怒鳴りこんできて
日本にいても全然休まらなかった・・・。タイの方が落ち着くね。
と嘆いておりました。

なんだかどこもかしこも外国人ですさまじいなーと
思ったのですが
オリンピックの時とかさらにカオスになるのか
今からちょっと楽しみです!笑

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2015-05-10 00:00 | ◆東京生活 | Comments(0)
<< 母の日にカフェにカーネーション ミャンマーのチロリアンテープ? >>