タイからフランス・ヨーロッパへの旅 パリの美術館いろいろと便器

a0277132_17192555.jpg

とびとびですが
前回の日記の続き。

夜は写真を撮って歩き回っていたので
美術館には写真が取れなくなる頃の日が暮れたころ~夜まわってきましたー!

東京もそうですが美術館が夜遅くまであいているのは
仕事後にも行けるのでありがたいですよね。

パリといえば私としてはきれいなイメージだったのですが
前回も思ったのですがそうでもないところもちらほら。
でもちょっとアートに見える不思議。
便器にピザなんて、コンセプトがありそうに感じてしまうのがパリマジック。
デュシャンの「泉」を今回もみて帰ろうと思ったパリ1日目の写真。
a0277132_1721815.jpg


今回もルーヴルへ。
朝は混んでいたので外観だけみて
(空がきれい!)
夜の部へ。
a0277132_17194016.jpg
a0277132_17195927.jpg

今回もモナリザは絵より人が多くって 笑
なんだか逆にモナリザにみられているような。
あのアルカイックスマイルはもしかしたらみに来ている人を見ての微笑なのでは・・・。
と思った今回でした。

多分最終日?
駆け足で行った
pompidou centre
https://www.centrepompidou.fr/
a0277132_17201377.jpg
a0277132_17203956.jpg
a0277132_17205259.jpg

ちゃんとデュシャンの「泉」も見届けに。
これ1917年今から100年位前の作品なのですが
ただの便器にサインしたこれが(レディ・メイド)
アートなのか?アートでないのか?
という面白い作品。
この解釈については調べるといろいろ出てきて興味深いです:)


こちらは
パリ市立近代美術館
http://www.mam.paris.fr/
こんな外観になってるから
てっきりやってるのかと思ったのに
まだ先の展示で見れなかったAndy Warhol
昨年は帰国した時に森美術館でWarhol展も行ったのと
学生の頃から大好きだったので卒業前にはNYへAndy Warholの作品見に行ったりもしたので
なにもパリでみなくとも・・・。
とも思うけれど好きなのでできたらみたかった!とちょっと落ち込みました。

シルクスクリーンが多いのでそれだけ作品の数が多いこともありますが
前回もなぜかポンピドゥーでみれたのでそれだけ世界的にファンが多いという事なんだな。きっと。
a0277132_17212129.jpg

あーあと思っていたら
ここではまさかのヘンリー・ダーガー展が開催していたので
結局中で大喜びで展示をみてまわりました。

これまたアメリカの作家さんですが
日本でもファンの多いヘンリー・ダーガー『非現実の王国で』
ラフォーレミュージアムで見て感動して
誰に憧れる?と聞かれたらいつもヘンリー・ダーガと答えていた身としては
もう生きてるうちに原画は見れないかも・・・。と思っていたので
涙が出そうになるほど嬉しかったです。
この後何歩でも歩けそうに元気が湧いてきた!神様ありがとうと思いながらパリ市立近代美術館を後にしたのでした。


学生の頃、西洋服装史の先生が鬼怖いけれどすごく面白くて
洋服は美術から影響を受けたり、逆に美術に影響していたり
また美術もその時代の政治や社会情勢も反映されているものもあるので
東京は恵まれているのだからできるだけたくさんの展示に足を運びなさいという先生で
課題レポートもそういうものが多かったので、時間を見つけては回っていたのですが
こうして外国の美術館へきても
これは現代美術館でみたな、とかbunkamura、うらわ美術館、森美術館、世田谷美術館、都美術館、横浜美術館
あ!これは近代美術館だったなーと作品と作家さんとその時の情景もリンクして面白く
改めて東京は本当に恵まれている場所だったんだな・・・。と。

入場料が無料だったりする外国から比べると
学生の身からすると学割になっても入場料は高かったりして
解説やオーディオがあっても難しくて分からなかったり理解できないものもたくさんありましたが 笑
でもとらえ方は人それぞれで楽しめたり考えたりできたらいいのではないかなーと思うようになったので
たくさん行っただけの価値はあったなーと大人になった今となっては思っています。

でもやっぱり現地でみる雰囲気とその空間
他の作品との兼ね合いも大切だなぁと感じており、タイではなかなか体験できないことなので、今回も再びそれを楽しむことができてよかったです。

ネットでなんでも調べられる世の中になってしまいましたが・・・
やっぱり美術館の空気や絵の具のにおい、絵から放たれる何かは行って確かめないと・・・。
と思う中年期?です。


次はベルギー日記へ続く

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
wsのことばかりですが・・・ 時々旅のことも更新中です。
よかったら覗いてみてください:)
 instagram 
▲ facebook

wsについてはこちらから
▲ ws in BKK

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2016-01-26 00:00 | ・ヨーロッパ | Comments(0)
<< タイからフランス・ヨーロッパへ... タイからフランス・ヨーロッパへ... >>