タイからフランス・ヨーロッパへの旅 パリからロンドンへ Camperのものづくり

a0277132_23384767.jpg

やっと住まいのネットが普及し(多分2~3週間ぶり)
今回ルーターごと変えてくれていたので
多分当分大丈夫なような。でも途切れるのは突然のような予感です。
タイに来たばかりの時はいろんな対応が遅くていやだなーと思っていましたが
まぁなんだかんだ言って時間がかかってもなおしてくれるからいっかに変わった4年目。
住めば都(多分)。

今さらなヨーロッパ日記だらだらと長くなってしまいましたが・・・。
イギリス行くかいろいろ迷った挙句
たまたま目的地付近でまだ行ったことのない場所で
興味のあるもの!というわけで美術館
デザインに特化したDesign Museumへ

Design Museum
http://designmuseum.org
a0277132_23345877.jpg


事前にチェックして行ったのですが
ちょうどこの時はカンペールの展示が開催されていました~!
a0277132_23372151.jpg

a0277132_23374475.jpg
a0277132_23375956.jpg

a0277132_2340517.jpg

a0277132_23411312.jpg
a0277132_23412833.jpg

1900年代のデザインが今見ても古く感じず
復刻してもまだまだいけそうなものもたくさん!
パッケージのデザインなども心躍るものばかりでした。

カンペールについては
履きやすい靴というイメージだったのですが
もともとブドウ名産だったスペインの島で
イギリスで学んできたアントニ・フルシャーが始めた家業で
ひとつひとつハンドメイドで丁寧に作られているものだとこの時にはじめて知り
(映像も多かったので英語が苦手な私でもわかりやすかったです!)
あまりヒールがなくてちょっと丸みを帯びたデザインが多いように感じていたので
会社とかには履いていけないな・・・。と思って
大人になってから購入したことがなかったのですが
こんなに面白い展開で作られた会社な上
ものづくりに対する真摯な姿勢に感銘を受けて
日本のカンペールに友人が勤めているので
今度帰国したら買いにいこう!と思った展示でした。

シャネルもデザインがそんなに好きってわけではないものの
(なんとなくツイードのおばさまのイメージが強かったので)
コルセットからの女性の解放などに興味を持って
ココ・シャネルの伝記を読んでなんて人間らしい人なんだと
ものづくりに対する姿勢とともに彼女の人生に魅力を感じシャネルを好きになったので
こういう瞬間はいつも面白いです。
(かといってバックを持つわけでもないですが・・・)

こちらは他のフロアーの展示
前過ぎて何の展示か忘れてしまいましたが
a0277132_23414386.jpg

いろんな会社のロゴからできているヴィーナス!
デザインってこういうわ!と思う瞬間がおもしろい。
a0277132_23415658.jpg


こちらは
Design of the yearの展示
幅広くアパレルから車や車いすまで。
a0277132_2342917.jpg
a0277132_23422594.jpg
a0277132_23424269.jpg
a0277132_23425912.jpg

a0277132_23435722.jpg

KENZOもありました~!

ここはサクッとみて
また写真を撮りにまわったのですが
他に回ったギャラリーは
気になっていたダミアンハーストの新しいギャラリーはまだOPENしてなかったり
いったらたまたま閉まっていたり 笑
無念でした・・・。
ここも閉まっていたハイドパークの中のギャラリー。
a0277132_23242782.jpg


ホームズが散歩したハイドパークを走るぞ!
とジョギンググッズを持ってきた上、走るためにこの近くのホテルに泊まったにも関わらず
私の写真撮りにに振り回され、走る元気も無くなった夫 笑
a0277132_23275545.jpg

最終日ちょっとだけ散歩をしました。
リスがいたり大型インコ?オオム?が居たり
爽やかで気持ちのよい自然の中でした~!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
wsのことばかりですが・・・ 時々旅のことも更新中です。
よかったら覗いてみてください:)
 instagram 
▲ facebook

wsについてはこちらから
▲ ws in BKK

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2016-02-08 00:00 | ・ヨーロッパ | Comments(0)
<< 世界を変えた靴と世界を変えた時... タイからフランス・ヨーロッパへ... >>