タイで過ごす旧正月とタイのお粥と

a0277132_1911627.jpg

今年もサンペンレーンで頂いたこのカレンダー
a0277132_19141333.jpg

昨年と同じ表紙ですが・・・。福がきそう!
そしてさすが中華系のカレンダー。春節はおめでたい感が出ておりました。


年明けから
新年会やお別れ会などちょっと出かける機会が増えてきたものの
相変わらず体調不良が続いたりで
病院へ行ったら貧血で
鉄分もらったりでなんとなくよくなってきたような波があるような。
そんなこんなでお食事会に残念ながら参加できなかったり・・・。無念・・・。
せっかく誘ってもらったのに申し訳なかったです。

こちらは久々にタイに来たころ1番最初にお世話になったタイ語の先生に会った日の事。
旧正月前だったのでプレゼント頂きました:)
福って書いてある袋の中にオレンジジュースが入っているのですが
本当はみかんを入れるそうで
みかんを入れる意味は・・・・?
と聞いたら先生中華系のタイ人ではなくて
ご主人が中華系なので帰って聞いてみるねとお茶目な返し 笑
サワディーとよいことが起きますようにという意味らしい。
a0277132_19113349.jpg

それはいいことを聞いた!と思って
デパートへ行ったら日本のお歳暮コーナーのように
みかんおつつみしますコーナーがあるんですね。4年目にして気が付いた春節。
数日後お呼ばれしていたお友達のパーティーに私もみかんバージョン抱えて行ってみました 笑


先月友人に連れて行ってもらいタイ人家族のお宅で
タイのお粥 ข้าวต้ม カオトムをご馳走になり
そこのお家がとっても食材にもこだわっていて
お取り寄せの玄米で作ってくださった上
ข้าวต้ม に入れるおかず?具材を10種類位用意してくださったのですが
本当はもっとたくさんあるんだよーと教えてくれて
こんなに美味しいなんて・・・。と感動し
よくよくお話を聞くと
外食だとお父さんがほとんど食べないのでお家で作る習慣のお家で
食材もいいものばかり使っており
もしかしたら1番美味しいタイ料理は家庭料理なのでは・・・。
とうっすら思ったのですが

今月も他のとある中華系のご家族のお家にお招きいただき
リクエストあったら言ってねと言ってもらったので
お粥!と自信満々で言ったところ
そんなものでいいの?簡単だよ!
とこちらはでは中華系のお粥 โจ๊ก ジョークを作ってくれました。

こんな日に限って体調がものすごく悪く・・・。
駅に着いたら冷や汗が止まらず。ふらふらになってしまい
この日だけは運よく夫婦でお呼ばれしていたので
たくさん用意してくださったお料理を夫だけで食べてもらいに◎

夫だけ日本人であと中華系の親戚大集合の会にお招き頂いていたそうで 
想像しただけでアウェイで可笑しかったのですが 笑
帰りに彼女とおかあさんが私にお粥とお粥用のお米と夫の好きなムーデーンも持たせてくれました。
その他にもいろいろ好きなもの覚えてくれていてお土産をいろいろと。優しい。
タイなのに夫の実家に帰った時のように大量のお土産。
a0277132_19122095.jpg

お粥がこれまた絶品で翌日ありがたく頂きました。
a0277132_19114724.jpg

夫曰くここのお家のごはんどれもこれも美味しくって
こんな美味しいタイ料理食べたことがないかもしれない・・・。
と帰ってきたので
もしかしたら家庭料理が美味しいのかも説我が家で浮上中です。

後日彼女と春節で留学先からタイに戻ってきている彼女の彼氏誘ってお礼に日本食へ。
本当はつくっておもてなしできたらよかったのですが
そんな腕もないのでいつの日かそんなおもてなしができたらいいなーと思い中です。
日本風の箸置きとかはあるのにな 笑

昨年から私より長くまだタイに居るだろうなーという人がどんどん帰国し始め
ちょっとさびしくなる今日この頃ですが
タイの人には相変わらず親切にしてもらってるので
なんとか暮らせそうです。

それに元気に暮らしていればまたどこかで会える気もするので
特に体調崩して健康の大切さを感じるお年頃
元気に暮らせるように規則正しくしっかり食べて暮らせたらと思います。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
wsのことばかりですが・・・ 時々旅のことも更新中です。
よかったら覗いてみてください:)
 instagram 
▲ facebook

wsについてはこちらから
▲ ws in BKK 先週のws報告UPしました。

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2016-02-16 00:00 | ◆タイ生活 | Comments(0)
<< 引っ越しで段ボール屋さんとゴミ... フランスとイギリスのセレクトシ... >>