引っ越しで段ボール屋さんとゴミ車とまさかのGrab Taxi

a0277132_1843639.jpg

先週はバレンタインでしたね。(遅すぎますが・・・)
インスタグラムを拝見しながらバンコクのフォローしている皆さんの女子力の高さに白目になるところでした。すごい。なんて幸せなご主人たち!

私はというと・・・。結婚して4年半
昨年たまたま日本に帰国していてたまたまチョココーナーを通って
たまたま夫も仕事で1時帰国したので
そうだバンコクにゴディバあったかな?と懐かしくなりチョコを買って渡したところ
帰国中は別々に泊まっているため夫はチョコをホテルに忘れ
結果夫の実家に送り
義理の父が食べたチョコが最初で最後のバレンタイン。
なんだかいつか作った気もしなくもないけど
その程度の記憶の感じです。。。すまぬ。

夫に1度も手作りで作ってもらったことないな・・・。とボソリ。
昔の彼氏にはあげたことあったの?ときかれましたが
多分高校の頃は作ったのを覚えていますが
その後は買ったものかもしくは、チョコは片思いの相手にあげるものだよと言って
チョコあげなかった人もいたな・・・。といろいろ反省しました。
どこかに落ちていないですかね?女子力。
(もう女子の年でなくBBAですが)
でも
タイに居る間はタイ風にでバラを男性から女性にあげる方式を押し通そうと思います!



先週の事急遽引っ越しが決まりまして
今週引っ越すことになったのですが
なんかいろいろ急すぎてまわりの人にもなにもこんなタイミングで・・・。と言われること多々なのですが
色々重なりギリギリに。

で、そんなギリギリで引っ越し業者も全滅で
結果夫の同僚の親戚なのか友人なのか曖昧模糊のままですが
親切な方がトラックを出してくれることに◎

というわけで荷づくり自分での刑に。
まずは段ボールを買いにオフィスデポへ行ったのですが
小さいタイプしかなかったのでプラカノンにある段ボール屋さんへ。

場所はこの辺り
プラカノンの駅から降りると郵便局の手前のソイを左に曲がり
沖縄料理屋さんの金城のすぐ先を右に曲がるとあります。
a0277132_18432239.png

大きさもいくつかあり
厚さもいくつかあるのですが
この日は薄いタイプの普通の大きさ?の段ボールを
1つ30Bを20箱購入。

持って帰れそうにないので
ここからバイクで運んでもらうとバイクだと60B
スバルの車を呼ぶと200Bであなたも乗っていけるよー!
と言われ家までの道のりの説明が楽そうなスバルをチョイスしたのですが・・・。

スバルの車というのが普通のシーローで(軽トラックみたいの)
うしろに荷物を積んだので助手席に乗せてもらおうと思ったら
助手席半分はすでにゴミに埋もれており
この日具合もそんなに良くなかったのでゴミ臭の中家まで吐かずにたどりつけるのかと不安になったものの
ハンカチ取り出して口に当てたら乗せてもらってる身でなんだか失礼だし
口呼吸を心掛けていたのですが
途中でほこりっぽくてフンガ!っとなり鼻呼吸してしまったけど
クーラーがきいていて思ったより異臭はしませんでした~。よかったよかった。
飛び出るクーラーと電子機器。
a0277132_18433993.jpg

フロントガラスもほとんどゴミ。
ヤンキーの車のフロントガラスのモフモフやぬいぐるみ敷き詰めてるあの俺の車的な新感覚のタイプなのかな?
私の背後ではいつのか分からない袋にかかったジュースが揺らめいていました。
a0277132_18435587.jpg


後日段ボール20箱じゃ足りなさそうなのと
画集や本を入れるための厚めの段ボールを購入しに夫に行ってもらったのですが
(厚いタイプは1箱50Bでした。)
夫も乗ってみたかったスバルは1時間待ちと言われ
配車サービスのGRAB TAXIを使ったらしく
来た車がこれ。
普通の車が来ることもあるんですね 笑
a0277132_18441693.jpg

普通の乗用車でメーターもなくこれ女性1人だったら乗るのに勇気がいると思う。
と言って男なので乗って帰ってきました。

近頃バンコクはどんどん都会になっていくけれど
まだまだおおーっという事があるのでやっぱり面白いです:)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
wsのことばかりですが・・・ 時々旅のことも更新中です。
よかったら覗いてみてください:)
 instagram 
▲ facebook

wsについてはこちらから
▲ ws in BKK 先週のws報告UPしました。

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2016-02-23 00:00 | ◆タイ生活 | Comments(0)
<< バンコク市内を怒涛の引っ越しと... タイで過ごす旧正月とタイのお粥と >>