週末バンコクからラオスへ その1


また少し時間差日記になってしまいましたが
先月の事ラオスのルワンパバーンへ行ってきました。
バスで国境越えでなく今回は飛行機でびゅーんとひとっ飛び◎

息子も1歳な事だし
帰国中に東京から金沢・新潟などなど行けたので
なにかあってもすぐに帰ってこれる近くの国だったらそろそろ行っても大丈夫かな?
だいぶ前に1歳頃めがけ
前のめって予約していたのですが
直前になって一応息子の検診の時に先生に行っても大丈夫かな?
と聞いてしまう小心者・・・。

先生も自然に触れ合って楽しんでおいで〜と歓迎ムードでしたが
なにかあった時のために解熱剤持参を勧められました◎
(日本の時持って行ってなかった 汗)

チェンマイへ行った時もでしたが
大人2人の時と違いベビーベットを用意してくれるちょっとよい?ホテルに。
以前ビエンチャンへ行った時もできたが
タイ語が通じてありがたい!
文字もなんとなく似ているので、なんとなくわかるところもある安心感。

ここのホテルもタイ人のスタッフもいて、ラオス人のスタッフもタイ語が話せたので
とっても助かりました〜!そして親切!
息子も抱っこしてもらったりかわいがってくれ、ありがたかったです。

ホテルの予約なぜか夫が
マッサージ・スパが付いているプランを予約していたらしく
(元々ついているのしかなかったのか?)
時間もないしタイでいつでも受けられるし・・・。と断ったのですが
とってもオススメされたので
交代で息子をみながら
まずは私が受けてみることに!

何かでラオスのマッサージはタイに比べるとソフトと読んだので
強目をお願いしたところ
運悪く背中からスタートで呼吸できないほど強くって
押される度に腹筋に力を入れる有様で
どうしよう、強くって言ったもののどうしよう。言うべきか・・・。と迷っているうちに
なにしてるんだろうと・・・可笑しくなってきてしまい笑うの堪えていたら
一人で横になるなんてチャンス滅多にないので
日頃の寝不足のおかげで寝落ちしていました 笑

後組の夫に伝え
弱目を勧めたものの
夫も息できなかったー!そして寝れなかった・・・。
とのことで
やっぱりタイのマッサージすごいねぇと改めて感じる旅となったのでした。

写真は朝の托鉢。
托鉢セットがもち米とスナック菓子のセットでびっくりしたのでした。
斬新な組み合わせ!
色々体験してみないとわからないものだな。と思ったのでした。

つづく

[PR]
by hirono-in-thai | 2017-07-17 00:17 | ・ラオス | Comments(0)
<< お土産にマジョレッタのタイのタ... 今更ながらタイの写真館へ >>