カテゴリ:◆東京×アート( 6 )

村上隆の五百羅漢図展がみたくて1時帰国

a0277132_10583687.jpg

引っ越しが無事に終わったのも束の間
ネットがまだ引けておらず携帯のデザリングも使い果たしては購入しての繰り返しで完全にwi-fi難民に・・・。
日中まだまだ残っているものの片づけをしつつ夕食後カフェに行き一気にメールを返し
(多分カフェで鬼の形相)
あぁ、家庭でネットが繋がるってPC持ち歩かなくていいし便利だなーと感じております。
なんでMac proは重いのだろう・・・。

ミシンも出したいのに出せず。
このままいくといろいろソンクランまで持ち越しそうです。

これもまた昨年の11月の1時帰国の時のもので
会期中に書こう!って思っていたら数日前にもう終わっていました。
村上隆の五百羅漢図展@六本木森美術館
http://www.mori.art.museum/contents/tm500/

a0277132_1058507.jpg


好き嫌い分かれると思うのですが
村上隆の五百羅漢図展の開催中に絶対帰国した方がいい!と友人からも言われており
前回の帰国の時に美術館巡りをしたメンバーとともに今回もいろいろまわろうと話していたのですが
仕事もあったりで予定合わず・・・。無念。
震災後のカタールでの展示からずっときになっていたので
(カタールの王女様のオファーでの展示)
でもどうしてもこれが見たくて会期中に帰国しようと決めており帰国中の合間を見てさくっといってきました。

さくっとなんて書いたものの
さくっと行って回れるような内容じゃないのですが 笑

この後に時間あったら行こうって思っていた
アンダーカバー展
LABYRINTH OF UNDERCOVER@東京オペラシティ アート
に帰りに寄る元気はなく。
帰りにも五百羅漢の事ばかり考えてしまう圧巻の展示でした。

引っ越しの際に重かった画集の一つ 笑
狩野一信の五百羅漢
a0277132_1122770.jpg

この展示はまだ日本に居るころ
江戸東京博物館で五百羅漢初一挙公開という機会。
この頃自分の作品を表装したくて(掛け軸)とある職人さんのところに習いに行っており
この展示は表装を見るにはすごくいい機会だよ!
とお師匠に言われ見に行ったら
最初なんだ!怖い!と思ったものの
だんだんと作品にすっかり引き込まれ
(もちろん表装もそれはそれは高価そうな立派な作りでした)
中高年のおじさまやおばさまの中、何度もぐるぐる往復して回ったものです。
人間の煩悩と狩野一信さんの命を懸けた作品のに完全に持ってかれて
漬物石が頭に落ちてきた級の衝撃でした。
(石が落ちてくるそんな機会は今までないけど)

それと同じタイトルなんて!
どんなもの?!って思って行きましたが
これまた違ったタイプの五百羅漢で
狩野一信さんを敬う方が見たらどう思うのか分かりませんが・・・。
でもお弟子さんを従えて巨大な作品を作るところや
(お弟子さんとの信頼関係は別として)
制作過程の葛藤や、引用のもとになる資料なども展示されており
いままでの村上さんの作品より人間らしく感じ私は好きでした。
a0277132_1059463.jpg
a0277132_10591835.jpg
a0277132_10592813.jpg

私は会期の最初の頃に行きすぎてしまったため
まだ図録ができておらず
先日夫が日本へ出張の時に購入してきてもらったのでさらに図録が増えたわけなのですが 笑
日本で空いた時間はゆっくりしておいでー!とかではなくこの展示生きてるうちに絶対見た方がいい!ととゴリ押しして
夫も仕事の合間で行ってきたようでしたが
見てよかったけどとは言っていたものの後半過ぎて人でいっぱいであまりちゃんと見れなかったもよう。
ドンマイ夫。

資料のところとか解説か
時間をかけてゆっくり読みたかったので
夫の買ってきてくれた図録でまたゆっくり読もうと思います。
スケールや空間は違うけれど五百羅漢をいつでもい見たい時に見れるようになりありがたいです!

ちょうど行ったとき美術館の下のミュージアムショップで
タムさんの展示も開催していたのですが
いつもときめくマムアンちゃんを目の前にしてもこの日の心は完全に五百羅漢でした。
a0277132_10593958.jpg


あと数日3/13日まで増上寺宝物展示室にて
狩野一信 五百羅漢展が開催されているようです!
http://www.zojoji.or.jp/takara/event/

そんなわけで
煩悩だらけで撮影してきた日記でした。
(美術館内は撮影OK)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
wsのことばかりですが・・・ 時々旅のことも更新中です。
よかったら覗いてみてください:)
 instagram 
▲ facebook

wsについてはこちらから
▲ ws in BKK 先月のws報告UPしました。

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2016-03-09 22:00 | ◆東京×アート | Comments(0)

ここより北へ ワタリウム美術館

a0277132_14514511.jpg

青山で友人と食事に行った後→
行きたかった展示
watari-um美術館の展示
石川直樹 奈良美智 ここより北へ
をみに行ってきました。
a0277132_14521099.jpg


ワタリウム美術館は
いつもちょっとコアだけれど私は心ときめく展示が多く
チケットがパスポート制なので
(入場するときに名前を書きます)
好きな展示のときは何度でも来れるわけなのです。
素敵なシステムですよね。
とはいっても短い日本滞在期間中1度しか行けませんでした・・・。

今回の展示は
このお二人が
津軽半島・下北半島からはじまり
サハリンにわたり
撮影してきたお二人のアイヌにまつわる写真と共に
お二人チョイスの貴重な本なども見れる
展示だったのですが
懐かしい様な近い様で遠くも感じ
写真の中に厳しさや暖かくさが詰まっており
心の忘れてたところがぎゅっとなるなんだか不思議な気持ちになる展示でした。

奈良美智さんと石川直樹さんの写真が
混ざって展示されているところもまたよかったです。

この日はたまたま
美術館の方のレクチャーが聞けたので
より楽しむことができました。

会期も少し延びた様で
今月の24日まで!
夜遅くまでやっているのも嬉しいところです。

ワタリウム美術館
「石川直樹 奈良美智 ここより北へ」
http://www.watarium.co.jp/exhibition/1501ishikawa_nara/#ex

写真家の石川直樹さんの作品はたくさん目にする機会があったのですが
冒険家の部分をあまり知らず
現在石川さんの本を熟読中です。

冒険家の旅に比べると
バンコクから近隣国へ行くお気楽な旅
(といっても汗だくになって筋肉痛になってマメもできたりしますが)
をしている私はあまちゃんだなと思っては読み進めるのでした。

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2015-05-08 01:00 | ◆東京×アート | Comments(0)

東京アート巡り 大アマゾン展@上野

a0277132_19434319.jpg

1時帰国中のこと
仕事の打ち合わせがはやく終わったので
上野に寄って気になっていた大アマゾン展へ

大アマゾン展
2015年3月14日(土)~6月14日(日)
http://www.tbs.co.jp/amazon-ten/

この日鬼寒くて
自動販売機の表示温度は3度な上、雨 涙
a0277132_19435978.jpg


学生の頃上野の美術館でバイトしていたので
ここに来るたび
あの頃のわくわくを思い出し
無駄にきゅんきゅんなります 笑

大アマゾン展へ行くぞ!と降り立つも
a0277132_1944251.jpg

さすが美術館の聖地、誘惑が。。。
a0277132_1944464.jpg

こちらは表慶館
もうすぐ平成館では鳥獣戯画が開催されるのですが
この表慶館と平成館
いつも魅力的な展示多しです!

東京国立博物館
http://www.tnm.jp/

さて大アマゾン展
こちらは国立科学博物館だったのですが
土地柄もあると思うのですが
タイ人含め外人さん多しの展示でした。
コンセプチュアル・アートとかとは違い
この手の展示は分かりやすいですものね◎

館内はフラッシュが無ければ撮影OK!
なので結構写真を撮ってきました。
楽しかった~。

展示は剥製から菌まで
腐海の森を彷彿させる奥の深さでした。

以前からここへは良く来ている身なので
常設展の剥製がたくさん使われていたのと
1フロアーしか展示が無いので
(+ちょっとだけさかなクンが釣ってきたピラニアコーナー有り)
以前の企画展と比べるとボリュームに欠ける気がしてしまいましたが
常設展の時とは違い
ケースに入っていなかったりそこは迫力がちょっぴり違いました。
温度調節が大変だろうな・・・とか
調べるのや集めるのが大変なのかな。とかでのこのボリュームかもしれない!

前向きに思ってみました・・・。

とはいえ
タイでは見れないものなのでわくわくもできて満足!

最後に
大好きなさかなクンのコーナーで癒され終了。

a0277132_20274984.jpg

いつものようにここから地上へ!

このクジラの前で大勢の中国人が大撮影会をしており
もみくちゃになりながら駅に向かったのでした。

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2015-04-25 00:00 | ◆東京×アート | Comments(2)

東京アート巡り 原宿・表参道

a0277132_1164410.jpg

アーティスト・イラストレーター・コレクターの子たちの
4人で美術館やギャラリーを回りまくる1日の続き→

長いのでつづきはこちらから
 ↓

More
[PR]
by hirono-in-thai | 2015-04-20 00:00 | ◆東京×アート | Comments(0)

東京アート巡り Vinnie Nylon展へ!

a0277132_14341029.jpg

一つ前の
アーティスト・イラストレーター・コレクターの子たちの
4人で美術館やギャラリーを回りまくる1日の続き→

東京現代美術館から
田端へ移動

この日はお花見とかできたらいいね~
なんて言っていたのですが
もう散りつつありました。
しかも寒かったー笑
a0277132_14342732.jpg


田端で向かった先は
WISH LESS
http://wish-less.com/
a0277132_14344119.jpg


ここで開催中の
ヴィニー・ナイロン個展「ナイロンアトロニック」へ
2015年3月21日(土) 〜 4月19日(日)
a0277132_14345593.jpg

UKストリートアート界の重要人物の作品を見れるチャーンス!
ということで
行ってきたのですが
となると
作品欲しくなりますよね 笑

コレクターの子が即決している姿を横目に
バンコクに戻る事を考えて・・・。
私はZINEのみ。
でもこれぞZINE!というZINEで嬉しかったです。
a0277132_1435775.jpg

で、次の展示のお知らせも頂いてきました。
中山 正羅 個展「愛に生きて」
a0277132_1435198.jpg


ここのギャラリーでは
私のZINE→
も以前お世話になっていて
この日やっとご挨拶ができて
直接お話しができてよかったです:)

オーナーさんが東京在住のグラフィックデザイナーと英国人イラストレーターなので
国際色豊かな展示やイベントが目白押しで
タイでもこういうコンセプトのギャラリーがあったらいいのにな
(あっても私がしらないだけかもしれないですが・・・。)
というお話をしたりでした。

ここからさらに原宿へ―!
つづく

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2015-04-19 00:00 | ◆東京×アート | Comments(0)

東京アート巡り 美術館にもタイ人!

a0277132_13585185.jpg

今年4月5月のタイの人の来日数
50万人約300億バーツの経済効果をもたらすという記事

現在中国人と同じくらいタイの人も日本にお金を落として行くという記事
の2つを
立て続けに読みましたが時代は変わるものですね・・・。

先日の東京
桜のシーズンだったこともあるかと思いますが
タイの人の他
相変わらずの中国人と
さらに欧米人と外国人だらけで
街を歩いていても
楽しそうにしているのは外国人
疲れきっているのは日本人(のサラリーマン)

関係性は別として
都内はなんだか植民地みたいでした。
(例えがものすごく悪くてすみません。)


今まで何回も帰国する度美術館へ行っていましたが
今回初美術館でタイの人に遭遇!
(正確には博物館)
上野という場所がらだとおもいますが・・・
なかなか驚きました。


さてさて
今回も美術館やギャラリーを結構回ってきました◎

まずは
アーティスト・イラストレーター・コレクターの子たちの
4人で美術館やギャラリーを回りまくる1日


六本木の国立新美術館からスタート!
黒川紀章氏の建物なので
これだけで見応えがあります。
(でもここへ来るたび思い出すのは都知事選出馬・・・。)
a0277132_1422456.jpg

13年ぶりとなる
マグリット展 René Magritte
2015年3月25日(水)~6月29日(月)
http://magritte2015.jp/

a0277132_1423487.jpg

まだ学生だった13年前のBunkamuraでの展示の時に行っていたので
気持ちとしては
おかえりマグリット!笑

途中商業アート系に行き自分の作品がつくれなくなったり
戦争で作風がぶっ壊れ
最後あのスタイルに確立されたところなど
とっても見応えがありました~。

物販には
ブリュッセルからやってきたポストカード!
発色が良かったです。
a0277132_14274228.jpg


美術館での展示のカタログは画集を買うより大分お得なのですが
発色が気になる事が多々。
色は大切ですね・・・。

同じく新美術館にて
ルーヴル美術館展も開催中でしたが
みんなルーヴル美術館行ったことがあるので見送り!

次は偵察に
21_21 DESIGN SIGHTへ
a0277132_1440447.jpg

こちらは 安藤忠雄氏
東京の美術館は建物をみるだけでも面白いですよね!

こちらは単位展開催中でしたが
混んでいたのでお店だけ見て見送り。

ここの美術館もよくきていたのですが
参加型のものや見て触って楽しめるものが多いので
親子で来ると楽しいかもしれないです。
この日も親子でいっぱいでした~!

企画展「単位展 — あれくらい それくらい どれくらい?」
2015年2月20日(金)~5月31日 (日)
http://www.2121designsight.jp/

ここから
さらに六本木駅の方へ歩き
AXISへ
http://www.axisinc.co.jp/

イマコンセプトストアで開催中の
スペインの現代写真
Photography Now! Vol.2 - Spanish New Horizonへ
2015年03月13日(金) ~ 04月26日(日)
http://imaconceptstore.jp/
a0277132_14474898.jpg

のはずが見れず本日貸し切りで展示会ですと見れず 涙

同じ建物にあった
タカ・イシイギャラリー
エド・ヴァン・デル・エルスケン 「セーヌ左岸の恋」 展へ
2015年03月19日(木) ~ 05月02日(土)
a0277132_14563736.jpg

写真はあまり良く分からないので・・・・。でしたが
置いてあった写真集の中にぐっとくるものが多数!

さてさて
ここのお次は
清澄白河へ移動して
東京都現代美術館へ
http://www.mot-art-museum.jp/
a0277132_15133463.jpg


ガブリエル・オロスコ展-内なる複数のサイクル
2015年1月24日(土)−5月10日(日)
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/gabrielorozco.html
a0277132_15135072.jpg
a0277132_1514396.jpg

作品数は気持ちボリュームが少ないかな・・・
(といっても持ってくるのは相当大変だと思うのですが)
という感じでしたが
この卓球台!プレーできるようになっていて
ちょうど4人な上 内2人は元卓球部 笑

やっぱり参加型の作品はぐっと心を持ってかれるし
その時間の事が心に残りますね。

1名帰る間際まで
作品が少なかったとぶーぶー言ってましたが 笑
撮影もOKなので結構楽しめました。

東京都現代美術館は
私の中の神様
大竹伸朗さんや横尾忠則さんの展示があったり
マシュー・バーニーの作品がきたり
スプニっ子さんや高木正勝さんや石川直樹さんの作品がみれたりと
いつもときめく展示が多いので
この美術館が好きなのですが
今回みんなで楽しめたことでまたいい思い出ができました~!

山口小夜子さんの展示も気になりましたが・・・。
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/sayokoyamaguchi.html
まだ会期中でなかったので見ることできず。残念。

長いので
まだまだ続く

いつもお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by hirono-in-thai | 2015-04-18 00:00 | ◆東京×アート | Comments(1)